FC2ブログ

    2018-09

    あなぐま亭Twitter
    最新情報はこちらで!→
     昼あなぐま  夜あなぐま

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    愛酒でいと 2017 七本鎗×あなぐま亭のメニューご紹介 - 2017.04.25 Tue

    2016年4月29日(金・祝)の愛酒でいと、今年も参加させて頂きます。

    10周年記念となる今年の愛酒でいと、各酒蔵さんが、この日限定のスペシャルラベルのお酒をそれぞれご用意して下さっております。どうぞお楽しみに。

    開場:13:30 開宴:14:30
    終宴:18:30
    ライブ:SUGAR SOUL X BAGDAD RIDDIM SECTION、前川サチコとグッドルッキングガイ

    チケットは前売りのみ、3500円となります。あなぐま亭でもお取扱いしております。在庫まだ余裕ございます。ぜひお買い求めくださいませ。

    あなぐま亭、今年ご一緒させて頂くのは、滋賀は長浜木ノ本にて「七本鎗」を醸されております冨田酒造さま。2年連続でお付き合い願うこととなりました。当日は、15代蔵元の富田泰伸さまと一緒に、7本の鎗(と1本の槍)をご用意して、皆様のご来場お待ちいたしております。

    昨年はマタタビさんと一緒にぶっ飛んだ甘味酒肴でお楽しみ頂きましたが、今年のお料理は、七本鎗の地元、湖北の「地の色」にこだわりました。ご用意させて頂くのは、「ニゴイの鯉こく風みそ仕立て」と「セタシジミとナマズのアクアパッツァ」の2品。この日のために、琵琶湖マキノ中村水産の漁師・中村清作さまより湖北の鮮魚を仕入れさせていただきました。

    地元の水、地元の米でこそ出せる「地の味わい」にこだわってお酒を醸されている、冨田さんの七本鎗。淡水魚を中心とした伝統的な湖北の魚食文化とそれをはぐくむ琵琶湖の自然環境へのプライドがひしひしと伝わる、抜群の身質と味を持った、中村さんのお魚。

    愛酒でいとの会場でお楽しみいただくべく、あなぐま亭なりの工夫を凝らして、ご提供させて頂きます。どうぞお楽しみに。

    当日の「七本鎗×あなぐま亭」お酒とお料理お品書きです。

    七本鎗/七本槍


    〇七本鎗 純米 渡船77%精米 無濾過生原酒★愛酒スペシャル 400円 冷
     定番・純米渡舟の生原酒。生での出荷は四年ぶりになるそうです。開栓したての、低精白とは思えない上品な上立ち香、そしてやがて落ち着くと、フレッシュさの中に香ばしさを伴ったお米の旨みがジワリと沸き上がります。

    〇七本鎗 純米大吟醸 木槽搾り渡船 600円 冷
     冨田酒造さんでは大吟醸のみ、手間暇をかけて槽(ふね)でお酒をしぼります。晴の日、祭りに相応しい、華やぎのある味わいです。

    〇七本鎗 純米吟醸 吟吹雪火入れ 400円 冷
     あなぐま亭の定番酒。上品な香りと切れ味、その奥に、旨みもしっかり感じられます。ドライなお酒が好きだけど、ただドライなだけじゃ物足りない。そんな方におすすめ。意外と熱燗も旨いです。

    〇七本鎗 『低精白』 純米80火入れ 300円 常温
     七本鎗の定番酒の一つ。手間暇かけて農家さんが作ってくれたお米。そのお米をなるべく磨かずに、お米の旨みとして表現したい、そんな思いから生まれた一本です。熱めの燗でお楽しみください。コクと甘みのあるお料理に寄り添います。

    〇七本鎗 玉栄14度原酒 500円 ボトル3000円 冷
     四号瓶限定の低アルコール原酒。さらりとしたのど越しの中に、七本鎗らしいお米の旨みも感じられます。ボトル売りはお安めにさせていただきます。

    〇七本鎗 純米 玉栄 活性にごり酒生 400円 冷
     七本鎗の生の魅力は、何といっても旨みの中にある「お米感」。フレッシュな泡とともに、お楽しみください。

    〇七本鎗 純米 渡船77%精米 火入れ 400円 常温
     七本鎗がこだわる地元滋賀の酒造好適米、渡船で醸された定番酒。あなぐま亭オープン以来、メニューから欠かしたことのない定番酒でもあります。燗をつけたときの、独特の香ばしい旨みが特徴。川魚の風味とよく合います。

    〇七本槍 佳撰 200円  常温
     普通酒は、金偏の「鎗」ではなく、木偏の「槍」の字を使います。地元で愛される定番酒。ふんわりやさしい味わいで、肩ひじ張らずにダラダラ飲める佳酒です。湖北長浜木ノ本の風景に思いをはせながら、お楽しみください。


    お料理
    ~琵琶湖の魚温冷あなぐま仕立て 各400円

    〇ニゴイの鯉こく風みそ仕立て(写真手前)
     ニゴイはコイ目コイ科カマツカ亜科の淡水魚。本州、四国、九州の一部に分布し、琵琶湖を含めて、水質の良い地域によっては地場で食用とされてきた魚です。旬は冬~春、あっさりした脂の甘みの中に川魚らしいほろ苦さを感じさせます。分厚くてぷりぷりした食感の皮も魅力。そのニゴイを骨切りして、筍と芹を加え、シジミの出汁と赤みそで鯉こく風のぽってり甘辛味仕上げました。

    〇セタシジミとナマズのアクアパッツァ(写真奥)
     セタシジミは琵琶湖水系の固有種で、くせのないあっさりした旨みが特徴です。ナマズは琵琶湖の固有種で味も最上と評価の高いイワトコナマズと、全国に広く分布するマナマズとを使用。湖北マキノは岩礁地帯で大変水質がよく、ここで冬に漁獲されたナマズはくせも少なく脂乗りも極上で大変美味です。シジミとナマズ、野菜ときのこ、さらに桜の葉と陳皮と山椒、川魚の風味と相性の良い中国黒酢を隠し味に、七本槍佳撰と水で炊き上げたアクアパッツァです。

    KIMG0002.jpg

    冷たい煮凝り、または温かい煮物、いずれのスタイルでもお出しできます。熱い汁物でもお持ち運びにご不便の無い様に、耐熱セロファンにくるんで調理、ご提供させて頂きます。

    当日どうぞお楽しみに。
    スポンサーサイト

    ● COMMENT ●


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    http://anagumatei.blog.fc2.com/tb.php/602-bf62326f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    初桜の会2017 ご案内 (5月28日) «  | BLOG TOP |  » タコさんプレゼンツあなぐま亭投げ銭ライブ vol52 (THE BIGOOD!)

    プロフィール

    anagumatei

    Author:anagumatei
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    未分類 (188)
    イベント情報 (66)
    営業スケジュール (19)
    ドリンクメニュー (8)
    本日の晩酌 (310)
    それゆけ熊太郎 (4)

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。